水の種類で選ぶ

ウォーターサーバーを水の種類で選ぶ

ウォーターサーバーには、大きく分けて「天然水」と「RO水」の2種類の水があります。

天然水

天然水は、雨や雪が山などに降り、長い年月をかけ地層を通ることによりきれいに濾過され磨かれた水です。たくさんの地層を通るときにミネラル分を含んでいきおいしい水へとなっていきます。

つまり、採水地が違えばにミネラルの量も異なり、地域により味が違ってくるのです。ですから、ウォーターサーバーを扱っている会社では、富士山の地下水を使った水だったり、京都の水、日田の水などを使ったり「天然水」の中でもさまざまな種類が存在します。

また、採水された水の処理の方法も、ウォーターサーバー会社で異なります。沈殿、ろ過、加熱殺菌により処理をしますが、「加熱処理」することにより水の美味しさを決める要素の一つのミネラル分のバランスが崩れたり、溶存酸素が失われないように「非加熱処理」で提供しているところもあります。

美味しい水が飲みたい場合は、非加熱処理の天然水を選べばいいのですが、非加熱処理で提供するには品質管理に手間がかかり、工場の設備なども品質維持のため手間やコストがかかるのです。その分、若干値段に反映されています。

「天然水」は、おいしい水へこだわりたい方におすすめ。

RO水(ボトルドウォーター)

RO水とは、簡単に言うと水道水・地下水などの原水をもとにナノレベルでろ過した水のことです。

「RO水」は逆浸透膜を通した水のことを指し、逆浸透膜は水を通しますがイオンや塩類などの不純物は通さない性質の膜です。膜の孔の大きさは、2ナノメートル(ナノメートル:1mmの100万分の1)以下。とても細かい膜であることがわかると思います。

なお、ウイルスで最も小さいとされるパルボウイルスやピコルナウイルスが直径20ナノメートルなので、孔の大きさが2ナノメートルほどの逆浸透膜だとウイルスを確実に除去することが出来るのです。

さらに細菌は、ウィルスより大きい1マイクロメートル(マイクロメートル:1mmの1000分の1)前後なので、ウィルス同様、確実に除去できます。

このろ過された水は、「ピュアウォーター(純水)」と呼ばれます。商品によっては、このピュアウォーターに、味の決め手とも言えるミネラルを添加することで味を整えています。

RO水は、安全性重視の方におすすめ。また、価格が天然水に比べるとリーズナブル。