水に関する豆知識
  1. HOME
  2. 水に関する豆知識

水に関する豆知識

農林水産省では、容器入りの飲用水について「ミネラルウォーター類の品質保持表示ガイドライン」で以下4つに分類しています。

品名 原水 処理方法
ナチュラルウォーター 特定水源より採水された地下水 沈殿、ろ過、加熱殺菌に限る
ナチュラルミネラルウォーター ナチュラルウォーターのうち、ミネラル分が溶解した地下水 沈殿、ろ過、加熱殺菌に限る
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じ 沈殿、ろ過、加熱殺菌以外に次の処理を行ったもの。ミネラル分の調製、複数の原水の混合、曝気、オゾン殺菌、紫外線殺菌等
ボトルドウォーター 飲用適の水 限定なし

天然水とRO水の違いって何?

上記の農林水産省ガイドラインによると、「天然」「自然」の用語や類似する用語を使えるのは、「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」です。この2つが「天然水」ということになります。

つまり「ミネラルウォーター」は「天然水」ではないのです。上記にも記載しているようにミネラル分の調整や、複数の水を混ぜたりして出来上がっているからです。なんとなく「ミネラルウォーター」も天然水ぽい感じがしますが実は違うのです。

天然水

ナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターの天然水は、採水地にこだわったきれいな水を使い、マイクロフィルターを使って必要最小限の処理で雑菌などを除去しています。

さらに「ナチュラルミネラルウォーター」は、天然のミネラルが含まれている水を指します。

非加熱処理と加熱処理

天然水の中には、「非加熱処理」と「加熱処理」があります。天然水を加熱処理すると、美味しさの要素である溶存酸素が失われてしまいます。ですから、美味しさを優先するには非加熱処理の天然水を選べばいいのですが、品質管理に手間がかかるため、工場の設備などもそれなりにしなくてはいけなく品質維持に手間とコストがかかるのです。

ミネラルウォーター

山登りなどした際に、湧き水を飲んだり水筒に入れて持ち帰ったりすることがあると思いますが、雑菌処理などをしていないために腹痛や下痢などを訴える人たちがいます。ウォーターサーバーの天然水は、これらの腹痛や下痢などの原因になる細菌などを除去して美味しい部分だけを届けてくれるのです。

RO水(ボトルドウォーター)

RO水とは、簡単に言うと水道水・地下水などの原水をもとにナノレベルでろ過した水のことです。

「RO水」は逆浸透膜を通した水のことを指し、逆浸透膜は水を通しますがイオンや塩類などの不純物は通さない性質の膜です。膜の孔の大きさは、2ナノメートル(ナノメートル:1mmの100万分の1)以下。とても細かい膜であることがわかると思います。

なお、ウイルスで最も小さいとされるパルボウイルスやピコルナウイルスが直径20ナノメートルなので、孔の大きさが2ナノメートルほどの逆浸透膜だとウイルスを確実に除去することが出来るのです。

さらに細菌は、ウィルスより大きい1マイクロメートル(マイクロメートル:1mmの1000分の1)前後なので、ウィルス同様、確実に除去できます。

このろ過された水は、「ピュアウォーター(純水)」と呼ばれます。商品によっては、このピュアウォーターに、味の決め手とも言えるミネラルを添加することで味を整えています。

「アルカリ性」と「酸性」について

水は、酸性・中性・アルカリ性に分類することができます。この分類はPH値で測ります。PHが7の場合が中性で、PH7未満が酸性、PH7以上がアルカリ性になります。 水道水はこのPHが5.5〜8.6以下と定められています。 人間の体液は健康時pH7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれていますから、弱アルカリ性の水はミネラル成分と一緒に無理なく体内に取り込まれます。 いっぽう、人間の皮膚や髪の表面は弱酸性に保たれています。肌に潤いを与えるフェイシャルスプレーや化粧水の代わりに使用したり、肌が弱い人や敏感肌の人の洗浄には肌に刺激を与えない弱酸性の水が適していると言えます。

「軟水」と「硬水」について

軟水(硬度100以下)

口あたりがまろやかですが、ミネラルの含有量は少なめ。日本国内のミネラルウォーターはこれにあてはまります。

  • 六甲のおいしい水     【硬度:32】
  • サントリー天然水 阿蘇  【硬度:50】
  • 森の水だより日本アルプス 【硬度:33】

中硬水(硬度101以上 300以下)

有名なところだとエビアンなどがこれにあてはまります。

硬水(硬度301以上)

口当たりはクセがあります。しかしミネラル補給には適しています。 有名なところだとコントレックスがあります【硬度:1500】

国の水質基準

天然水 RO水
原水 検査基準をクリアした地下水 左記以外の飲料に適した純水、水道水、蒸留水、河川の表流水