ウォーターサーバーは高いだけ?

みなさんは、ウォーターサーバーを聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?おそらく「料金が高そう」「水が出るだけでしょ?」「ウォーターサーバーが大きくて邪魔そう」などといったイメージではないでしょうか?

しかし、アクアクララの場合、1ヶ月のコストは、「2,376円〜」と意外とリーズナブルなのです。※アクアクレール+ウォーターボトル1本の場合。電気代は含まない。

これだったら、飲み会1回分ぐらいなので「あれ?思ったより安いな」と感じされたのではないですか?

どんな人がウォーターサーバーを使っているの?

安全・品質にこだわる人

水道水の品質は、厚生労働省が定める「水質基準項目と基準値(51項目)」により厳しくチェックされているため安全と言えます。

しかし、ビルやマンションなど、一度貯水槽に貯めて各部屋に給水している場合はこの限りではありません。

貯水槽に水が入るまでは市町村などの行政の責任ですが、貯水槽から先は管理会社や管理組合の管理範囲になるからです。

つまり、管理会社などの管理次第で水質が変わってくるということです。いくら行政で水質を毎日のようにチェックしていても、貯水槽が汚かったらどうしようもないですよね。

最近では、水道本管の水に圧力をかけて貯水槽を経由しない直結増圧給水が増えてきていますが、古いマンションや、大規模なビル・マンションなどは、水圧の関係でやはり貯水槽を経由します。

水道水は飲み水にもなるので、気になる方はマンションやビルの管理人さんにどのタイプなのか、聞いてみると良いでしょう。

貯水槽の清掃ですが、建築物衛生法により受水槽の有効容量が10m³を超すものは、貯水槽の清掃を年1回、水質検査を年3回実施することが義務付けられています。

しかし、「貯水槽 汚れ」のキーワードで画像検索するとわかりますが、驚くほど汚れている貯水槽があるのも事実です。

「安全・品質にこだわる人」は、ご自身やご家族が毎日飲む水だからこそこだわるのです。

健康意識が高い人

人間の体は、成人の場合約60〜65%、子どもの場合約70%が水分で出来ています。その水分が不足すると、熱中症や心筋梗塞、脳梗塞などの健康障害を引き起こす可能性が高くなります。

水分不足になると、最初の段階ではボーっとしたりイライラしたりします。それが手足の震え、呼吸困難になったり少しずつ重大な不調をきたしてしまいます。そうしたことにならないように水分はこまめに取る必要があります。

つまり、人間にとって「水」というものは非常に重要なものだと言えます。

では、どのくらいの水分を取る必要があるのでしょうか?私たちの体からは、毎日2リットル以上の水分が失われています。それは、うんちやおしっこなどの排泄物以外に、汗や呼吸をすることで失われます。

成人が1日に必要な水分摂取量は、体重1kgあたり50mlと言われていますので、体重が50kgだとしたら2.5Lの水分を摂取する必要があるのです。

ただ、水分を摂ると言っても、一気に飲むことはおすすめできません。コップ1杯程度の量を、1日何回かに分けて飲むようにするのが良いようです。

水分を取る量の目安は、先ほどの体重50kgの人の場合は1日2.5L程度の水分が必要ですが、食事から1L程度は摂取できるので、飲料水としては1.5L程度を目安に飲むといいでしょう。コップ1杯が250mlでしたら1日6回に分けて飲むようなイメージです。約2〜3時間に1回程度飲むということになります。

特に、水分が失われるお風呂の後、運動後、朝起きた時などは、意識して水分を摂るようにしましょう。

また、最近では健康やダイエットのために「白湯」を飲まれる人が増えてきています。「白湯」は水の味がダイレクトにわかるので、水道水を沸かしただけでは飲み水としてはまずく、ミネラルウォーターなどを利用されている方が多いようです。

このように「水」は、健康を維持する重要なアイテムといえるのです。

食にこだわる人

食事は毎日のことだから、安全で美味しいものを食べたいですよね。

おいしい水は料理の味にも違いが出てきます。特に和食のように「出汁(だし)」を取って作るような料理は、水で味が変わってきます。

さらに日本人の主食のごはんを炊くときは、お米を研ぐ時からおいしい水を使うと、さらに美味しく食べることができます。研いでから水を捨ててしまうのでもったいというのもありますが、お米は一番初めに入れた水をかなりの割合で吸収してしまうのでこだわりたいものです。

また、お茶やコーヒーといった飲み物も、水で美味しさが変わります。

食にこだわる方は、水にもこだわるのです。

ウォーターサーバーを水の種類で選ぶ